- 南モンゴルの歴史 -
                 
  モンゴルとは現在のモンゴル国と中華人民共和国の
    内モンゴル自治区を合わせた区域です。

 
  中国領内に住むモンゴル人は蒙古族と呼ばれ中国
    の少数民族のひとつに数えられています。

 
  戦国時代には趙、燕、匈奴、東湖などと呼ばれ、秦・
    漢代には郡が、唐代には多州が置かれていました。
    蒙古族が中国統一を果たした元朝では各路の管轄下
    に置かれました。17世紀前半には清朝が征服、蒙古
    と名づけられました

    
         チンギス・ハーン
    
年代

歴 史
紀元前
 3世紀末
 モンゴル高原の遊牧部族が匈奴帝国を築く 匈奴帝国
紀元前
 1世紀末
 鮮卑がモンゴル高原を占拠、南モンゴル・華北に移動
 匈奴帝国衰退
4世紀  北境の匈奴、晋朝を滅ぼす「五胡十六国の乱」
 柔然が北モンゴルに柔然帝国建国

551年  突厥部族により柔然帝国崩壊
7世紀中  モンゴルの名を持つ集団が中国の史書に初めて現れる
 「旧唐書」では「蒙兀」、「新唐書」では「蒙瓦」(ともにモンゴルの音訳)
744年  ウイグル帝国
10世紀初  契丹の遼帝国がモンゴル高原進出
12世紀初  女真族により遼帝国滅亡
 金帝国。南モンゴルは金領となる
 
チンギス・ハーン、金帝国と同盟しつつモンゴル高原の諸部族を統合
1206年  チンギス・ハーン大(イェケ)モンゴル・ウルス モンゴル帝国を築く
1260年
 大ハーンとなったフビライが元を建国 中国に元王朝
1368年  元、明に敗れ中国の支配権を失う。モンゴル高原に北走して北元となる
1388年  時の皇帝、天元帝トクズ・テムルの暗殺により北元崩壊
1616年  ヌルハチ(太祖)が女真族統一。二代ホンタイジ(太宗)、山海関以北の明の領土と
 南モンゴルを征服
清の支配下に置かれる
1636年  「元朝伝国璽」を得て、大清皇帝として即旗。清建国。モンゴルは清朝に帰属
1911年  辛亥革命により清朝崩壊。中国・中華民国。チベット独立。北モンゴル(現在のモン
 ゴル国)独立宣言、ジェプツンダンバ・ホトクトが政権を樹立
 南モンゴルは中華民国の支配下に
1912年  全モンゴル統一を目指すホトクト政権と、 南モンゴルを支配下に置こうとする中国と
 の間で戦闘が勃発。中国は北モンゴルの自治権を認める
1915年  ロシアは中国の北モンゴルに対する宗主権を承認、中国は北モンゴル
 の自治を認める
1921年  北モンゴル独立
1924年  北モンゴル、ソ連の衛星国としてモンゴル人民共和国となる
1932年  日本・満州(現在の中華人民共和国東北地区及び南モンゴル北東部)に満州国建国
1936年  日本の支援のもと蒙古軍政府を樹立
1937年  蒙古連盟自治政府樹立
 蒙古連盟自治政府に改称。南モンゴルには同じく日本の支援で察南自治政府・晋北
 自治政府
樹立.
 蒙古連盟、察南、晋北自治政府が連合、
蒙疆連合委員会成立
1939年  5〜9月 満蒙国境のノモンハンで外蒙古軍ハルハ河を渡河、満洲国軍と衝突.
      
ノモンハン事件(南モンゴルで起こった日本軍とソ連軍・モンゴル軍に
      よる国境紛争)
 日本の興亜院蒙疆連絡部・蒙疆軍司令部の下で三自治政府統合。
蒙古連合自治
 政府
樹立
1941年  蒙古自治邦と改称し半独立国となる
1945年  日本の敗戦、満州国皇帝退位の詔勅により満州国・蒙古自治邦崩壊
 ソ連軍占領
 その後の南モンゴルは東部に
東蒙古人民自治政府・内蒙古第二自治共和国
 西部に
蒙古自治準備委員会、蒙古自治政府を樹立
1946年  4月 ソ連より満州が中華民国に返還。八路軍のゲリラ戦活発化
   中国共産党侵攻
1947年  ウランフを長とする内モンゴル自治区人民政府成立
1949年  中華人民共和国成立。 内蒙古自治区が作られる
1960年
 後半〜
 70前半
 文化大革命・ウランフ失脚
1967年  フフホトに革命委員会成立
1968年  内蒙古人民革命党事件・数万人が迫害を受け、1万6000人以上が殺害される
1969年  内モンゴル生産建設兵団設置(中ソ対立・軍事的緊張)
1970年  行政区画の大幅な変更
 南モンゴル東部は東北三省に、西部は寧夏、甘粛に分割
1979年  行政区画復旧
1997年  アメリカ、プリンストンで内モンゴル人民党創設
2000年
 アメリカ、ニューヨークで南モンゴル人権情報センター創設
  Southern Mongolian Human Rights Infomation Center(SMHRIC)

  ウランフ 【烏蘭夫】 ◇Wu Lanfu(赤い人の意)
    内蒙古選出の中国共産党幹部(1906〜1988)。中共の手先として同朋を弾圧。
    1927年 中国共産党入党。  ソ連に留学後、延安で抗日軍政大学教育長を務める。
    1947年 内蒙古自治政府主席。
    1954年 全人代内蒙古代表。  
    1956年 国務院副総理に就任。  文化大革命で民族分裂主義者として批判され失脚。
    1973年 復活。
    1983年 第6期全人代で国家 副主席(〜1988)に就任。


 (参照: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』/現代中国ライブラリィ他)
        
        HOME

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー