− 東トルキスタンの独立運動 -
東トルキスタンの独立運動は中国の植民地になった日から続いています

  1949年中国共産党は布靴を履き掃討しながら東トルキスタンにやって来ました。
   「
我々は古い漢人とは違う。古い漢人等は東トルキスタン人民に残酷な圧迫を
   した。国民党の残りの勢力を排除しに来たのである。3ヶ月間、東トルキスタン
   に滞在し国民党の勢力の掃討の手伝いをして中国に帰る
」と誓っていました。

  50年後の今日、誓いを忘れ武器を持ち、当時彼らに食べ物と住まいを提供したウイグル人を傷をつけ、
  漢人の嘘と本質を暴露するあらゆる発言・行動をしたウイグル人を非難し、財産を没収・逮捕・弾圧して
  います。


  中国は帝国主義のテロ国家である。
   東トルキスタンを侵略し植民地にしている中国政府は100万人に及ぶウイグル人を
   逮捕し正当な裁判もなく処刑し、拷問し、財産や土地や資源を奪ってきました。

   殺されたウイグル人の中にはリーダー・将軍・学者・インテリ・農民・商人・学生・婦女・
   乳飲み子までいました。
  
   この事実を海外に告発しようとしたり、公正な待遇を求めたりした人達は弾圧され、
   処刑や無期懲役、労働改造、軟禁などに回されました。また処刑や収監を免れても
   職場を解雇されるなど、社会的地位を奪われたのです

ヤルタ会談・モスクワでの惨劇

  「ヤルタ会談」でソ連から中国に東トルキスタンにおける権益が譲渡されました。
    ソ連共産党・中国共産党の共産党思想普及と中央アジアの権益を守るための密約が
    結ばれたのです。当時独立国であった東トルキスタンを中国共産党の支配下に、モン
    ゴル北部をロシア共産党の支配下にするためでした。

  
1949年8月「ヤルタ会談」での中ソ密約実行のため、ソ連共産党総書記スターリン
   は東トルキスタン共和国の指導者グループを北京の会議に参加させるとの名目で
   モスクワ経由の飛行機に乗せモスクワのKGBの刑務所で殺害しました。

  
  
独立運動史
1884年  中国の西隣に位置していたカシュガルヤ国が清朝の
 侵略により植民地となる
1886年  清朝「新疆」(新しい植民地)という名を付ける。
 カシュガルヤ国民の独立運動活発に
1912年  清朝・漢族により崩壊
 カシュガルヤ・チベット・モンゴルなどが中華民国の
 “遺産領土”として圧政下に置かれる
1912〜
29年
 中華民国によるウイグル学校の閉鎖(文盲政策)。
 国民党によるウイグル民族弾圧
1932年  クムル地区で農民蜂起 東トルキスタン全国へと
 広がる
1933年  11月12日 東トルキスタンイスラム共和国 
        独立宣言
1934年  国民党、東トルキスタン大統領及び総理大臣を殺害
 中華民国、ウイグル民族教育を禁止。
 東トルキスタン全体で教師、作家、詩人、宗教家、愛国
 者などを弾圧
1938年  カシュガル市で収監されていた300人のインテリを
 射殺
死体にガソリンをかけて焼却
 独立運動激化
1944年  11月12日 中華民国より独立
      「東トルキスタン共和国」建国
1949年  8月23日 スターリンの指示によりモスクワ・安全委員会
       (KGB)の刑務所おいて

       アフメットジャン首席殺害
1951年  4月29日 革命家・英雄のオスマン・バトゥル(Osman
       Batur・カザフ族)ウルムチの町中を引き回され
       刑場で銃殺
1962年
 グルジャ、チョチェックでの弾圧
 中共による独立派「東トルキスタン人民革命党」への
 弾圧 
3万人虐殺

 アクス地区蜂起
 毛沢東政府によるアクス人民武装グループへの
 拷問・殺害

 ホテンゲリラの蜂起
 ホテン地区地下組織「東トルキスタン連合」成立
 武装蜂起。中共による弾圧・虐殺
1964年  東トルキスタン人民革命党の武装蜂起準備
1965年  カシュガルの“犯人”の蜂起
 ペイロ刑務所の政治犯開放。中国600台のトラックで
 軍派遣(4千人死亡)・鎮圧。その後の数ヶ月間、中共
 によるウイグル人の逮捕・殺害
1976年  9月9日 自らを神と見なし中国全土のトイレにまでその
 写真を掲げた変態指導者・毛沢東死去
1978年  ケ小平政権
1979年  ボルタラ漢族逃亡事件
 ソ連軍、カザフスタンと東トルキスタン国境近くで軍事
 演習。恐怖を感じた漢人達は自らの子供まで捨て逃走・
 大混乱
1980〜90年  民主闘争期
1980〜  東トルキスタンで合法的民主闘争・運動が広がる
 
(中国の憲法にある“デモの自由”を利用、頻繁にデモを行う
1980年  カシュガル地区カルグリック県の蜂起
 8月19日 漢人、ウイグル人の7歳の子供を車で轢き
       逃げ。中共の保護で犯人逃走。怒りを爆発
       させた市民が抗議デモ。
       中共、部隊を動員。県民を逮捕・弾圧 

 12月 ウイグル愛国者の作家アブリミット・メスド
     (Ablimit Mes’ud)暗殺
1万人以上の
      抗議デモに発展。中国、憲法のデモの自由
      を無視し指導者・市民達を逮捕
1981年  カシュガル地区カルグリック県の蜂起
 1月12日 農村地下組織の青年200人がモスクの閉鎖・
       破壊、文化消滅政策に反発し蜂起。
       中国は大部隊を派遣し鎮圧

 5月27日 モスクの閉鎖、宗教家・インテリらの逮捕に
       反発。
ペイズワット県250人のウイグル青年
      蜂起
共産党のだまし討ちにより拘束。
       刑務所内で拷問後、全員殺害

 10月30日 漢人のウイグル青年射殺

       市民3万人が抗議デモ

        中共戦闘機・戦車・大砲・20万人の部隊で
        カシュガル市を包囲、戒厳令を布く。市民の
        住宅を強制捜査“デモの指導者”と疑った
        300人を逮捕。死刑・無期懲役など厳罰に
        処す
1983年  カシュガルの青年組織
 カシュガルで“青年火花”(ウイグル語でYashUchqunlar)
 組織が活動を展開。講演やビラ・極秘文書の発行で
 政治プロパガンダを繰り広げる。中国当局は兵士、警
 察、スパイなどを使い青年組織の多くのメンバーを逮捕
 し刑務所内で殺害。
 その後ウイグル人への管理を一層強める
1985年  12月12月 ウルムチで3万人のウイグル学生が
       デモ運動

       人権無視・民族差別・弾圧・環境汚染・中国人
       による凶悪犯罪・
       漢人学校とウイグル人学校に対する桁違いの
       予算格差・民族教育の制限などに不満を募ら
       せた大学生、専門学校のウイグル学生3万人
       が反政府デモを強行。遠方から多くの学生が
       駆けつける。極寒の中ウルムチの大学、専門
       学校は一週間ストライキを行う。デモ後中国は
       学生に対する数々の懲罰を行う。
1986年  3月8日 ウイグル自治区水利庁長・ウイグルミノフを
       襲った中共のテロ
1988年  6月15日 ウルムチで民族差別への抗議デモ
      新疆大学などのウイグル学生5千人が集まり
      民族軽視に反対する会議を開き2日間ストライキ
      を行なう。当局は警官400人動員。
      学生に対する監視・逮捕・殺害を行う
1989年  4月〜6月 天安門事件
 5月18日 ウルムチでムスリム青年達のデモ
       中国の反イスラムに抗議。
   19日  
大部隊を派遣・戒厳令をひき逮捕・拷問
1990年〜  民族弾圧に対する報復期
1990年  カシュガル地区アクトゥ(Ahtu)県バリン(Barin)郷
 で大規模な武装蜂起

 市民への影響力を恐れ作家アブリミット・メスット(Ablimit
 Mes’ud)、作家で詩人であるトゥルディ・サムサック
 (Turdi Samsaq)などを暗殺。作家ハジ・クマル(Haji
 Qumar)などを逮捕
 東トルキスタン人の蜂起激化

 4月5日 カシュガル、バリン郷農民の武装蜂起
     
中国10万人の大部隊を派遣、空爆により鎮圧。
     ウイグル人200人以上死亡。逮捕2千人以上。
     うち200人以上は死刑、他は10年間〜無期
     までの懲役。
 11月  イリ地区コルガスで、漢族犯罪者に怒った民衆
      が
県城を占拠
1992年  3月16日 カシュガル地区カルグリック県マザル郷で
       東トルキスタン改革者組織のメンバーと
       中国軍の間で戦闘
。中国軍は戦車・戦闘機
        などで攻撃。3人のウイグル革命者を殺害。
        他メンバーは負傷、捕虜。1995年処刑
1996年  ドイツで世界ウイグル青年大会設立
1997年  2月5日 グルジャ惨劇
1999年  ドイツで
 
東トルキスタン(ウイグルスタン)民族大会成立
 亡命者350万人「世界ウイグル代表者会議」が誕生
2002年  2001年10月〜2002年7月まで、中国当局の
 ウイグル人弾圧に関する方針・宗教・文化消滅政策・
 人権侵害などについての資料や情報収集し、ドイツの
 ETICに送り続けた
アブドゥゲニ ムハメットイミン逮捕
2003年  1月30日〜2月4日 
 2月  カシュガルで100人のウイグル青年が逮捕
 10月2日 
「東トルキスタンイスラム運動組織」の最高
       指導者、パキスタンにて射殺
2004年  1月29日 東トルキスタンのグルジャ市で警察当局が
        
250人のウイグル青年を逮捕
        トルファン地区ピチャン県で油田が爆発

 5月2日 王家宝首相のドイツ公式訪問にあわせ
      チベット・人権組織と共にミュンヘン市で合同
      反中デモ

 7月 東トルキスタンのマナス県政府の前で学生たちに
    よるデモ

 8月15日 トルキスタン正義党主席等20人が逮捕

 9月1日 ドイツのミュンヘン市で新組織
    
  「東トルキスタン独立運動」が誕生

 9月14日 ワシントンで
 「東トルキスタン亡命政府」が成立

 10月1日 アンカラで反中デモ
       世界ウイグル会議を設立

 11月25日 「東トルキスタン憲法」発布
 東トルキスタン亡命政府日本名誉領事館設立

 11月 詩人、作家、愛国主義者である
     ヌルモハメット氏逮捕
2005年  2月13月 東トルキスタン亡命政府のトルコ在住
       メンバー、グルジャ惨劇8周年記念活動


 7月9日 トルコ政府東トルキスタン亡命政府の大統領
       と首相の入国拒否


                                   東トルキスタン情報センターより

 
  東トルキスタン独立運動は1960年から1991年まで毛沢東をはじめとする中国共産党
    の絶対的な秘密とされ情報コントロールによって世界の日の目を浴びることはありませ
    んでした。しかし、東トルキスタンの各地区で絶えることなく続いてきた革命です。

  
東トルキスタンでは、ウイグル人が政府や漢人による差別・圧迫に不満を持てば逮捕
    されます。身の危険を感じて亡命すれば、その親・家族が逮捕されてきました。
    公安当局は高い罰金取ったり、現金がなければ財産を強制で没収するのです。
      
農地改革をめぐる紛争

  1950年代〜60年代にかけ東トルキスタン国民の耕地・草原・地主の土地・財産・灌漑
    用水などが中国共産党により没収されました。これらは“生産建設兵団”と呼ばれる軍隊
    に与えられました。これに抵抗した東トルキスタン国民は労働改造所や刑務所に入れら
    れ殺害されました。

    河川流域部などの肥沃な土地・財産なども漢人に与えられ、灌漑用水の使用権も握られ
    ました。


  1980年代にはケ小平の指示により“農村改革”が行なわれました。“家庭連産請け負い
    制度”を実施され、土地の使用権が農民に与えられました。しかし土地が肥沃で年間
    降水量が250mmを超える天山北側の広い土地・草原・河川は中共が管理しました。


  豊かな地域は漢人に独占され、東トルキスタン国民に還元されることはありませんでした。
    1981年5月までに東トルキスタンの77県で不満を持つウイグル農民が各地の政府に
    平等分配するように要求しました。要求は無視され、逆に当局は漢人の利益を守る
    ためにウイグル農民の逮捕に及んだのです。これに堪え兼ねた農民・牧民は棒、鎌、鍬、
    斧などの農業道具で漢人を襲撃しました。多くの漢人・ウイグル・カザフ人がこの衝突中
    に負傷、死亡しました。
    事件後、多数のウイグル人、カザフ人が逮捕され、漢人の利益は保護されました。


  東トルキスタンの土地や水・石油・石炭・天然資源・電気などの全てを漢人が独占。
    ウイグル人は漢人から購入しなければならず、どんどん貧しくなっていったのです。
 

1980年 トルファン地区トクスン(Toqsun)県、タルバガタイ地区シホ(Shiho)県、
マナス(Manas)県、ボルタラ地区、ウルムチ市、アクス地区、
カシュガル地区、ホテン地区で衝突と流血事件が繰り返される
1981年 ボルタラ地区駐在の“生産建設兵団”第五師団が灌漑用水をコントロール
しウイグル農民に水を与えることはなかった。農民らは現地の政府・裁判
所・北京政府まで訴えたが無視され、ついに不満を持った農民200人以上
が反対運動を起こす。事件後ウイグル農民は殺害された。

  1950年代から今日まで土地、草原、灌漑用水に関する闘いが絶えない。
    漢人のウイグル人に対する一方的な搾取、それに反対したウイグル人への暴力・
    弾圧という悪のスパイラルが続いています。
 
 
天安門事件
(北京から中国全土、東トルキスタンまで広がった民主化デモ)

 1989年4月〜6月 北京師範大学のウイグル人学生だったオルケシ(Orkesh ウアルカイシ
 と呼ばれるがウイグル語の正しい名前はオルケシ)らの指導下で民主を求める大規模の
 デモが起こった。

 中国の各地から北京に集まった青年は100万人にのぼった。
 天安門広場に集まった学生は“静座”、“絶食”など続け、中国国民の応援を得、民主政権を
 成立しようとしたが、6月4日中国共産党の解放軍(戦車、射撃)によって鎮圧された。
 
 死者は公式には32人と公表したが、実際はその百倍もの学生が犠牲になった。報復で逮捕、
 殺害された学生や市民はもっと多い。当時、北京、上海、南京、西安、蘭州の大学に在学
 していた300人以上のウイグル人学生も北京に集まりデモに参加した。

 東トルキスタンでは、5月の後半学生組織が成立し、デモをはじめていた。

 天安門での弾圧後、東トルキスタンでも徹底した弾圧が行なわれた。


グルジャ惨劇事件


  1997年2月5日東トルキスタンのグルジャ市で残虐な惨劇があった。

  20世紀初頭からその終わりまで、中国侵略者の血生くさい弾圧を何百回も受け
  た東トルキスタン国民、英雄たるグルジャ青年が侵略者およびテロリストの
  中国政権に抗議し、抗議デモを行なった。
 
  このデモは当局の官製デモではなかったため、無宗教、無道徳、良心のない
  中国テロ政権はグルジャ市で非暴力デモに参加した400人以上のウイグル青年
  を残酷に銃で、または凍死させるなどして殺害した。グルジャ事件は革命では
  なく悲劇であった。

  中国ファッショ政府が逮捕した400人の中に少年、女性もいた。400人のうち
  150人の男女をマイナス20度以下の刑務所の大きなホールに入れて、服を
  脱がせ、冷たい水をかけて、凍死させてしまったのである。
  残りのウイグル人は銃と、拷問で殺害したのである。

  400人以外、デモを見ただけの市民も怪我したが、当局はグルジャの全ての
  病院に治療を拒否するように命令した。彼ら市民は身体障害者になったか、
  あるいはテロに満たされたこの世界に永遠に別れを告げたのである。

  石を投げたり暴力を振るったわけではなく、非暴力のデモであったのに、残酷
  な弾圧に終わった。
  ウイグル人の中国侵略者に対するデモが血生くさい弾圧で終わったのは初め
  てではない。今回もいつもと同じように、弾圧すると同時にこの弾圧の
  ニュースを東トルキスタン、中国全土および外国に知らせないように、敵は
  必死になっていたのである。しかしこれほど血が流れた事件は東トルキスタン
  国内、中国、外国に知られないわけはないだろう。

  東トルキスタン人はこの事件をまもなく知った。悲しんだ。外国人も知り始め
  た。外国では数百のニュース、評論が発表された。海外の東トルキスタン組織
  も知った。悲しんだ、宣伝した、8年間の間に世界各国の中国大使館、領事館
  の前にて数十回の反中抗議デモをした。
  国際赦免組織、無国籍民族組織(UNPO)、国連の人権委員会および世界各国の
  メディアはグルジャ事件を数百回も報道し、中国を非難したが、なんのよい
  結果ももたらさなかった。相変わらず、多くのウイグル人は殺害された。
  多くは刑務所で殺害された。また多くは刑務所で残酷な拷問を受けている。

  四川省の動物園にいるパンダが風邪を引いたら、北京政府がラジオ、テレビ、
  新聞などのメディアを使って全世界に報道し、援助を求める。Unescoをはじめ、
  ヨーロッパ共同体(EU)、世界中の動物を守る団体が動員され、パンダを治療
  して助けるための物質的、精神的援助するように世界に呼びかける。
  世界中から北京政府や四川省に援助が集まる。世界中の記者やカメラマンが
  四川省を訪れ、取材し、世界に中継する……。
  
  東トルキスタンでグルジャ事件が起こってから、中国侵略者、テロ国家は
  グルジャ市郊外に5660部隊を移住させ、配置した。このほかに様々な名前
  で呼ばれている武装警察を増やし、中国の江蘇、山東省などから万人単位の
  漢族をグルジャに流入させ、彼らはペスト菌がまん延するようにグルジャ内に
  散った。

  イリ州(イリ地区、アルタイ地区、タルバガタイ地区を含む)でウイグル族の
  人口がもっとも多いイリ地区を行政地区として取り消してしまったのある。
  ウイグル人の政治、法律的地位を下げて、それから、より多くの漢民族の侵略
  者を安住させるための条件を整えたのである。そして、イリの市民を無宗教に
  するために150軒のモスク(清真寺)を無理矢理閉鎖してしまったのである。

  1997年2月5日から2003年までの6年間に侵略者は東トルキスタンのイリ州だけ
  で1500回以上の公開と非公開の裁判を開いて、6万人以上のウイグル人を有罪
  にした。そのうち5万1千人のウイグル人が政治犯となり、そのうち8千人の
  ウイグル人が公開死刑または秘密裏に処刑され、1万千人以上のウイグル人は
  無期懲役、1万4千人のウイグル人に10〜20年の懲役、1万人以上のウイグル
  人に1〜10年までの懲役を受けさせたのである。日本大使館に石を投げ込んだ
  中国人は今も大手を振って青空の下を歩いているが、ウイグル人にはこのよう
  な結果が待ち受けていた。

  中国の動物園で風邪を引いたパンダ(畜生)を助けるために数万ドル、数百万
  ドルを払って報道するメディアや援助する国際組織、人権組織、赦免組織およ
  び各国政府、民間団体が、グルジャで(弾圧)殺害されたウイグル人の未亡人、
  母親、子供たちにどのぐらい援助をしたのか。北京政府に圧力をかけて、何人
  のウイグル政治囚を解放させたのか。中国侵略者政権によって財産を没収され
  たウイグル人のためにどのぐらい援助をしたのか。何人の記者が東トルキスタン
  に行って記録映画を作って世界に公開しただろうか。

  東トルキスタンの数十の組織が正義のために犠牲となり、または中国侵略者の
  刑務所にて拷問されている罪のないウイグル人、英雄たる男女のためにどれほ
  ど心を痛めているだろうか。中国侵略者に対してどれほどの決意で活動を行っ
  ているのか。闘争しているか。

  こういう惨劇が再び起きないようにわれわれは何をするべきか。どうすれば
  人間らしく生きていけるのか。私たちの子孫が生きていけるのか。パンダを
  助けるみなさまは考えたことがあるのか。今からでも遅くないので、考えて
  いただきたい。

  ロジックに合わない闘争は勝利しない。間違った道で目的地に着けない。
  正しい道は一本しかない。その道をあなたも知っている。しかし、この道の
  ためには代価を払わなければならない。

ウイグル太郎
東トルキスタン亡命政府
2005年4月9日



東トルキスタンの50年の独立運動史

東トルキスタンの50年の独立運動史1
http://www.uygur.org/japan/et/2004/0329.htm

東トルキスタンの50年の独立運動史2
http://www.uygur.org/japan/et/2004/0330.htm

東トルキスタンの50年の独立運動史3
http://www.uygur.org/japan/et/2004/0331.htm

東トルキスタンの50年の独立運動史4
http://www.uygur.org/japan/et/2004/0401.htm

東トルキスタンの50年の独立運動史5
http://www.uygur.org/japan/et/2004/0402.htm

東トルキスタンの50年の独立運動史6

http://www.uygur.org/japan/et/2004/0403.htm
 (東トルキスタン情報センター・ウイグル太郎)

東トルキスタンでは毎年数百人ものウイグル人が政治犯として死刑となり
銃殺されています


 参照:東トルキスタン情報センター、Wikipedia


HOME


広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー