− 南モンゴルについて -


  

   南モンゴルは内モンゴル自治区とも呼ばれ、現在は中華人民共和国・内モンゴル自治区
    (ないもんごるじちく Nei-Menggu zizhiqu)となっています。
    一般的にモンゴル人は外・内モンゴルではなく北モンゴル・南モンゴルと呼んでいます。

   
首都:フフホト。

   
人口:約23,770,000

   
民族:現在は漢族が80%以上を占め、モンゴル族・ダフール族・エヴェンキ族・オロチョン族・
           回族・満州族・朝鮮族などがいます。

          モンゴル族は主に内モンゴル自治区及び新疆ウイグル自治区、青海省、甘粛省、
          黒竜江省、吉林省、遼寧省のモンゴル族自治州、自治県に住み、その他寧夏回族
          自治区、河北省、四川省、雲南省、北京市などにも散在しています。


   
言語:アルタイ語族に属するモンゴル語を使用し,内モンゴル、オイラート、バルコーブリアート
          の3大方言があります。キリル文字を使用するモンゴル国のモンゴル人と異なり、中国
          のモンゴル族は13世紀初めにウイグル文字をもとにして作られた旧モンゴル文字を
          多少改造して使用しています。

   
宗教:主な宗教はモンゴル仏教
   
    
総面積:1,183,000ku。日本の約3倍。

     
   東から南にかけて中華人民共和国と国境を接し、北はモンゴル国・ロシア連邦と隣接しています。
  (参照:フリー百科事典 Wikipedia他) 

         
           HOME

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー